[Car Life]ちょっとした擦り傷はコンパウンドで復活

本日は自動車に関する記事をアップします。

車に乗っているとボディにどうしても小さな擦り傷って出来てしまいますよね。スーパー等の駐車場で車幅が狭いようなところもあり、ドアパンチとはいかないまでも人が通ってこすれたような小さな傷がいつの間にかできていることは少なくは無いと思います。

私の愛車にもいつの間にか右後方ドアにはっきりとわかるような擦り傷が出来ており、洗車を行うタイミングでこの傷のリペアを行うこととしました。

傷の確認

傷がついている右後方ドアのみ水拭きを行い汚れを取り除きました。

写真ではわかりにくいのですが、赤枠で囲った部分に傷がはっきりとあることが確認できます。ボディーが凹んでいるということは無く、本当に軽く吸ったような跡があります。

このような軽度な傷はコンパウンドを使って傷を無くす(目立たなくさせる)ことが出来るので、この傷がどうなるのか確認してみましょう。

ホームセンターでコンパウンドを購入

近所のホームセンターに行ってSOFT99のコンパウンドトライアルセットなるものを購入。トライアルと言っても今回のような補修では十二分な容量があるので全く問題ありません。

このコンパウンドセットは細目、中細、極細の3本セットとなっています。基本的には1の細目から順番に使っていくのでしょうが、私のお勧めはその逆で3の極細から試し、傷が消えなかったら2、1を試してみるというのが良いと思います。

それでは3番の極細を使って作業しましょう。傷の大きさにもよるのですが、タオルに少量を付けて傷の部分を磨いていきます。

これでもつけすぎた感じです。こんな感じなので恐らくチューブを使い切ることはまずはありえないと思います。

30秒ほど磨きこんでみると傷がどんどん消えていくことが分かります。いくらふき取ってもコンパウンドの白い跡が残ってしまうのですが気にする必要は無しです。

 

研磨作業完了後洗車

この後、いつも通りの洗車を行います。水洗い完了後にはコンパウンドの拭き残しも無く見た目には”ほぼ”作業の形跡は無くなっています。

上記で”ほぼ”としたのは、気のせいかほんのりと磨いた部分の跡が残っているような気がしますが、日常では全く気にならないレベルで恐らく2、3回洗車をする頃には完全になじんでいるような気がしています。

擦り傷がボディーをえぐっているような場合には今回のコンパウンドのような作業では復旧は難しいと思いますが軽微な傷では十分に威力を発揮します。

皆さんの大切な愛車に傷が出来てしまった場合にコンパウンドで作業をしてみませんか?

商品HP
http://www.soft99.co.jp/products/carcare/compound/compound_trial_set.html?pid=09192

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL