[Nintendo Switch]スプラトゥーン2試射会開催!!

3月3日のNintendo Switch発売を控えてビックニュースが飛び込んできました。恐らく今年最大のSwitchにおけるキラーコンテンツになるであろう「スプラトゥーン2」の試射会が開催される事となりました。

日程は3月25、26日の二日間。それぞれ一日決められた時間の3時間(1時間 x 3回 x 2日)となっています。

 

スプラトゥーン2って何が変わるの?

まだまだ発表されている内容は多くないのですがざっくりとこんな感じ。

・Switchを持ち寄ってローカル通信を使って対戦ができる。

・新ブキ登場

・Wii U版でのGame Padがなくなったのでディスプレイ一画面での操作

ローカル通信での対戦

これぞSwitchの特徴の一つですね。お友達の家で各自Switchを持ち込んで対戦が出来ます。間違いなく大盛り上がりなのですが世の中的にどう受け入れられていくのでしょうか?任天堂の思惑としてはこのSwitchはWii U のように一家に一台では無く、3DSの如く複数台所持を狙っているのでしょう。家族でシェアしているSwitchを子供がお友達の家に持って行くといったシチュエーションは考え難いですよね。友達の家で遊んでいる際にふざけて踏まれて破損といったケースは普通にありそう。大人気ない親(代表者:私)は超激怒ですね。

にしても我々アラフォー世代ではマリオブラザーズ(スーパーじゃないよ)やアイスクライマーで時に友情、時に裏切りを繰り返し遊んでいたのが今の子供はスプラトゥーンでどういった駆け引きが行われるのか楽しみではありますが。

新ブキ登場

多くの新ブキが登場するのでしょうが、その代表は2丁拳銃でしょう。タンクからインクを後方に噴射して高速移動ができるそうな。

また、スペシャルウェポンとして、ロケットランチャーのようなものもありますね。

操作性の変更

スプラトゥーンはWii Uのお荷物となっていたGame Padを上手く使いこなしたゲームの一つだったと思います。Padのジャイロセンサーを使ってのキャラクターの操作。Pad画面にはマップが表示され戦況の把握が容易に出来るようになっていました。しかしSwitchは一画面しか存在しなくなるので、この操作性がどう変わるのかがスプラトゥーン2が再度ブレイクするのかポイントになると思います。

マップはボタンで切り替えられるようなのですが、ジャンプポイントをPad上でタップできなくなるのでその操作をどうするのか気になります。ジャンプ短縮を装着してきけんになると戦線離脱といった戦法が出来難くなりますね。

ジャイロに関してもWii Uではテレビ画面を見ながら手元のPadのジャイロ操作をが出来たのですが、Switchの携帯モードではジャイロ操作しながら画面もくっついてくるので少し疲れそうですね。

試射会が楽しみ

上手くSwitchをゲットできた人はこの試射会を楽しめそうですね。そうなんです、Switchをゲットする必要があるんです。任天堂の狙いはココにあるんですよね。正直ローンチタイトルで魅力的な物は存在せず、夏にこのスプラトゥーン2が発売となるまでは苦戦するのではないかと思っていました。そこで任天堂が考えたのはスプラトゥーンを先行体験させてしまえという戦略です。どうせ夏に購入するつもりだったユーザの前倒し購入を狙っていますよね。そうです、それが私です。こうなればなんとしてでもこの試射会に向けてゲットする必要が出てきたのです。もともと、新iPadが春頃にリリースされるであろうと思っていたのですがその気配もないので予算をSwitchに使う事とします。不定期にAmazonでSwitchの予約再開が行われているので定期的に見張っていよう。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL