[Nintendo Switch]運命を握るローンチタイトル2本

未だNintendo Switchの予約が行えていない私(pumigadgets)ですが、皆さんは無事予約完了しましたでしょうか?

本日はローンチタイトル2本に関して記事にしたいと思います。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダは全ローンチタイトルの中でぶっちぎりの注目タイトルですね。ゼルダはこれまでも比較的自由にマップを動き回れるようなタイトルが多かったのですが、この新作は完全なオープンワールドとなっています。ゲーム内容の詳細は公開されていないのですが、これまでのゼルダをどうやって踏襲しながら新しい世界観が出せるのか楽しみの一品です。

ポイントとなるのはこのタイトルはWii Uでも同時発売されるという事。Switchが予約困難な状況にある中で、他にもこれといったローンチタイトルが無いということで、Wii U版を購入してしまう人は多く存在しそうです。

また、Wii Uとの併売ということもあって、画質の差異がどれくらい存在するのかが気になるポイントです。事前情報では画質に大きな違いはないというのもあり、そうなれば尚更Switchへの購買意欲が下がってしまいますね。

それと全く関係ない話ですが、ゼルダは左利きというのが親近感があって良い。

ドラゴンクエスト ヒーローズ I/II

こちらはすでにPlay Station3/4で販売されているタイトルのSwitchへの移植版です。このタイトルは大量のモンスターをどうやって表現するのかがポイントとなるのはゲームで、Play Station3と4ではそれに大きな差がある事が検証されていましたね。Switchは性能を重視した端末ではないのは十分に承知しているのですが、Play Station4に何処まで近づけるのか?まさかPlay Station 3にも負けていないよな?と考えさせられたりします。

そもそも8000円以上する価格でわざわざ購入したいという人がどれくらいいるのかが悩ましいですね。

 

とは言いながらどっちも欲しい。

価格や性能の違うPlay Stationと並べて比べてしまうとやはりそれには無理があるのは仕方がないですよね。Switchの魅力はその新しいプレイスタイルに関してだと思います。Switchが手に入ったらどちらも購入してしまうんだろうなぁ。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL