Nintendo Switchソフトのダウンロードサイズ

本日は小ネタです。

Nintendo Switchは32GBの内蔵メモリということが、ソフトのダウンロード派にとってはネックとなりそうで、この件での議論が様々なサイトで繰り広げられています。

本日2017年2月23日現在でNintendo Switchの各ソフトのダウンロードサイズをまとめてみました。

タイトル ダウンロードサイズ(GB)
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 13.4
1-2-Switch 1.5
ドラゴンクエストヒーローズ I / II 32
信長の野望・創造 5
いけにえと雪のセツナ 1.4
魔界戦記ディスガイア5 5.92
ぷよぷよテトリス S 1.09
いっしょにチョキッと スニッパーズ 1
マリオカート8 デラックス 7
ボンバーマン 未定
スーパーボンバーマン R 未定
ARMS 未定
スプラトゥーン2 未定
三國志13 未定
みんなでワイワイ!スペランカー 未定

このラインナップで話題となったのがドラゴンクエストヒーローズ I / IIのインストールに32GB以上必要となっている点でローンチタイトルの時点で内蔵ストレージにインストールが出来ないという点です。

マリオカード8も7GBとなっているので、今後販売されるビックタイトルは10GB越えが普通になってくるのでしょう。

Nintendo SwitchにはmicroSDXCカードを外部ストレージ空間として使用が可能となっており、仕様上2TBまでをサポートしています。

今日現在の現実的なmicroSDXCカード128GBから256GBになるかと思います。
一番コストパフォーマンスが優れるのはサンディスク社製200GB microSDXCカードとなっており、今日現在では9000円強となっています。
コレさえあれば平均10GBだとしても20タイトルのインストールが可能なことになり、もうしばらくすると500GBのSDXCカードも販売になることでしょう(かなり高額になりそうだけど)。

Nintendo SwitchはWii Uとは違いディスクメディアによる形式では無く、カートリッジ形式であるため、3DSと同様と考えればパッケージ版でも良いと思いますがそれでもカートリッジの交換も面倒なのでやはりダウンロード版を購入したいのでもうしばらくSwitchの運用で悩みそうです。。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL