蛍光灯をLED化 ヤマダ電機オリジナルLED蛍光灯

本日はキッチンの蛍光灯がチカチカするようになったのでそれをLED蛍光灯に交換したというお話です。

蛍光灯には種類がある。

一般的な蛍光灯は20型でグロースタータと呼ばれるもので蛍光灯と点灯管がセットで必要となるもので普段はあまり気にせず家電量販店で替えの蛍光灯を購入されていると思います。

普段なら私も何も気にせずに購入するところだったのですが、何気に蛍光灯を見てみると、「ラピッドスタート」と書かれているではないですか!このラピッドスタート形は上記の点灯管を必要としない蛍光灯のようでそれぞれに互換性は無いようなので購入する際には注意が必要です。

話はそれますが、壊れた蛍光灯はナショナル製でした。松下電器産業がナショナルからパナソニックへ変わったのは2008年(?)でしたので、短く計算しても8年は使えていたということになります。LEDは高寿命を謳っていますが、蛍光灯の寿命も十二分ですよね。まぁ、そもそもキッチンでは一日数時間程度しか使わないのでトータルの点灯時間数はそれほどでも無いかもしれません。。。

話は戻して蛍光灯の種類について。このグロースタータ形とラピッドスタート形にはそれぞれ製品の型番が決められていてグロースタータ形は「FL」が、ラピッドスタート形は「FLR」が製品名の頭に記載されています。

これをみないで量販店に行ってたら間違いなくグロースタータの方を購入してしまうところでした。あぶないあぶない。

「40形、ラピッドスタート形」を注意して近所のヤマダ電機へと車を走らせました。

折角なので蛍光灯をLED化へ

自宅の電球は常夜灯も含めてLED化が進んでいるのですが蛍光灯に関しては蛍光灯のままで使用(交換)し続けていました。普通に蛍光灯のままで交換しても良かったのですが折角なので蛍光灯のLED化を行うこととしました。

ヤマダ電機には「HERB Relax」と呼ばれるPB(プライベート・ブランド)製品があり蛍光灯型LEDも販売されていたのでそれを購入することとしました。

40形の蛍光灯ということもあり、1.1メートルも長さがあるのでパッケージの全体写真の撮影は断念しました。

ちゃんと型番にFLR40とあることを確認。40形はその型番の通り、40Wの消費電力となりますが、LED化に伴い約半分の消費電力となるようです。

また、注意が必要となるのは「工事不要」ということ。一部安価な製品では直結配線工事が必要となるものもあるので同様の製品を購入される場合には型番も含めて工事の必要の有無を確認することを忘れないでください。

いざ開封

商品をパッケージから取り出してみてまず思うのはとても軽いということ。LED電球の場合は白熱電球と比べてかなり重くなってしまうのですが、蛍光灯に関しては逆でかなり軽くなります。蛍光灯はガラスで作られているのですが、LEDの場合にはプラスチックなのでそれが影響しているのだと思われます。

また蛍光灯には表裏は存在しないのですが、LEDの場合にはそれを意識する必要がありますので取り付ける際にはちょっとした注意が必要です。本商品には裏面に1灯用と2灯用の切り替えスイッチがあるので取り付け前に環境に合わせた設定にしておく必要があります。今回のケースでは1灯用で。

また、一般的な蛍光灯には存在しない感電防止(!?)用のスイッチが蛍光灯本体に存在します。最初は感電防止用とは気付かずにこんなところにスイッチを設けても誰も触らんだろうと思っていました。。。

いざ点灯

裏表に気をつけながら、「いざ点灯」です。さすがLED、電源オンと共に即点灯です。蛍光灯と比較してやはり天井面への明かりが不足しているように感じますが、それ以外の明かりはまぁ十分ですね。

脚立に乗った状態で点灯時の状態を確認してみたのですが、若干のノイズ音(ジージー音)が聞こえました。この後カバーを元の状態に戻して脚立から降りてノイズ音を確認したのですが全く聞こえませんでした。リビングキッチンでの使用では問題は無いのでしょうが、寝室で使用する場合には気になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

このLEDはヤマダ電機のサイトを見てみると2000lmの明るさがあるようで、一方でパナソニックのパルックプレミアでは3240lmと書かれています。

LEDにおけるこのルーメンの表記はあまり参考にはならないのですが、数値だけを見ると三分の二程度の明るさということになります。

とは言え、商品を企画する上で同サイズの蛍光灯と同等の明るさを発揮することで開発されていると思いますので実際に体感する上では全く問題が無いと思います。

LED型の電球や蛍光灯は数年前と比較してかなり購入しやすい金額になってきたとは言え、製品寿命と消費電力を考慮に入れて本当にコストパフォーマンスが良いのかはいまだ謎なのですが皆さんも蛍光灯のLED化はいかがでしょうか?

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL