[Wii U Never Die]Nintendo Switchが発表となりましたがWii Uでやり残したソフトはありませんか?

3月3日のNintendo Switchの発売を心待ちにされている方は多いと思いますが、皆さんは1月21日に即効で予約されますか?
私(@pumigadgets)は、間も無く発表 になるであろう次期iPadも気になるのでSwitchの購入に踏み切れずちょっと悩んでおります。このようなBlogを立ち上げているので発売と同時にレビューを報告したいのは山々なのですが財源が限られており。。。
やはりローンチタイトルにどうしてもやりたい物があるかどうかで決まりますよね。

因みに3月3日に同時発売となるタイトルは、
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
https://www.nintendo.co.jp/zelda/index.html

1-2-Switch
https://www.nintendo.co.jp/switch/aacca/index.html

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/babka/index.html

信長の野望・創造 with パワーアップキット
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/abwua/index.html

いけにえと雪のセツナ
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/babja/index.html

ぷよぷよ テトリス S
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/baaca/index.html

魔界戦記ディスガイア5
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/aacaa/index.html

SUPER BOMBERMAN R
https://www.nintendo.co.jp/software/switch/aab8a/index.html

の計8タイトルとなります。
ドラクエヒーローズ、信長、ぷよぷよ、ボンバーマンは無理に発売日と同時にSwitch上でプレイをする必要も無いのでパス。
セツナ、ディスガイアは興味のある方はどうぞといった感じ。
1-2-SwitchはNintendo Switchの世界観を体験するための入門ソフトとして。
そして、ローンチ時のキラータイトルであるゼルダはWii U版も同時発売と。Wii U版とSwitch版とでグラフィックの違いがどれ位あるのかそれ次第で売り上げが大きく変わるソフトとなりそうです(前評判ではWii U版とSwitch版で画質の差異は無さそうです。。)。

 

Wii Uは死んだのか?

ゼルダを最後にWii Uのソフトがリリースされることは恐らくないと思うのですが、Wii Uが死に絶えたかというと、そうでは無いと思います。Wii Uには本体の販売台数が振るわなかったために優れたソフトが埋もれたままとなっている事って多いんじゃないかなと思いWii Uで販売されたソフトウェアをまとめなおしてみました。
とは言え、全てのソフトを列挙するだけで大変なことになってしまうので、個人的にフィルターをかけることにしました。

ソフトウェアのフィルタの条件
・今日(2017年1月18日)現在、任天堂eショップからダウンロード可能な物
・GamePad単体でプレイが可能な物
・上記に該当しなくても既に購入した物
・Play Station等でプレイできない独占販売の物
(一部例外はあり)

タイトル 容量(GB) GamePadのみでプレイ 購入済み 商品HP
New スーパーマリオブラザーズ U  1.7  ○  Link
モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.  1.6  × Link 
ZombiU  6.2  × × Link
New スーパールイージ U  1.5 × Link
ピクミン3  5 × Link 
The Wonderful 101  12.9 × Link 
ゼルダの伝説 風のタクト HD  2.6 Link 
レイマン レジェンド  7.2 × Link 
ソニック ロストワールド  8.4 × Link 
Wii Party U  4.4 Link 
スーパーマリオ 3Dワールド  2.4 × Link 
Wii Fit U  3 Link 
ドンキーコング トロピカルフリーズ  11.4 × Link 
マリオカート8  4.9 Link 
Wii Sports Club  1.3 × Link
ゼルダ無双  2.1 × Link 
ベヨネッタ2  32.2 × Link
進め!キノピオ隊長  1.9 × Link
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U  15.6 Link
マリオパーティ10 3.5 Link
ゼノブレイドクロス 22.7 × Link
スプラトゥーン 2.3 × × Link
ヨッシー ウールワールド 7.9 × Link
マリオテニス ウルトラスマッシュ 1.5 × Link
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD 5.4 × Link
Minecraft: Wii U Edition 0.5 Link
ペーパーマリオ カラースプラッシュ 8.7  × Link

個人的な思いも少し入っていますが、皆さんこのラインナップどう思いますか?マリオおよびそのサブキャラクタを中心としたラインナップとなっており、後はゼルダとWii U最後(?)のヒット作となったスプラトゥーンといった感じです。Wii Uが短命で終わってしまったのも頷けますね。

また、これらの全てのソフトをダウンロード版で購入してインストールしたとしても合計で約180GB収まることが判明しました。我が家のWii Uの環境では初期購入時に併せて2TBのHDDを購入して接続しているのですが、結果としてかなりのオーバースペックな環境となってしまいました。そんな我が家のWii Uの環境も3~4年が経過しようとしておりいつ何時HDDが壊れるとも限らないので最近では安価になったSSDへの切り替えを考えようかと考えています。Amazonでは256GBクラスのSSDは10,000円前後で販売されているので近日中にHDDからSSDへの移行レビューを報告できればと考えております。

 

改めてこのラインナップを見てみると、Nintendo Switchはやはりサードパーティのソフトをどれ位取り込めるかが鍵となるのは間違いないですね。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL