Sony ポータブルスピーカー SRS-XB2レビュー 小さくてもパワフル

本日はSonyのポータブルスピーカー SRS-XB2のレビューを行いたいと思います。このスピーカーはとにかくコンパクトでそして高音質な一品でした。

SRS-XB2を選んだ理由

小型のアクティブスピーカーを購入しようと思い各社から販売されているスピーカーの比較検討を行いました。スピーカーを選ぶにあたって今回必要とする条件を洗い出してみました。

必須条件
・可能な限り小型で音質が(それなりに)良い事
・3.5mmプラグがある事
・価格は10000円前後

オプション条件
・USBで給電できる事
・Bluetoothで接続出来る事

これだけです。
この条件に合うものだと
・ソニーSRS-XB3、SRS-XB2
・ヤマハNX-50、NX-B55H
・Bose Companion 2 SeriesIII
といった物がありました。

これらの5つのスピーカーのレビューを見てみるとどれも高評価となっており実際に音を聴いて見ないと判断が出来ないですね。価格的に見てもNX-50が最も安価で8734円となっており、一番高価なのがSRS-XB3で19310円(ポイント還元あり)となっています。オプションの条件も含めて全てを満たすのはSRS-XB2のみとなるので、家電量販店で実際のサイズ感と音質を確認することとなりました。

SRS-XB2のサイズは十分にコンパクトでありこの点では合格。音質に関してはかなり周りが騒がしい中での確認となったのですがボリュームを上げても破綻することなく十分な音を鳴らしていたので、迷うことなくSRS-XB2の購入を決定したのでした。

それと、実は私はソニー製品を愛してやまない「ソニラー」であることは実は内緒です。

本製品にはカラーバリエーションがあり、ブラック、ブルー、オレンジレッド、カーキーイエローから選択できます。派手な色も良いのですが、今回は無難なブラックを選択。

コンパクトなサイズ

早速開梱してみましよう。外箱にしてかなりコンパクトなサイズとなっています。音質を確認しないで買われた方からすると小さすぎて音質面に不安を抱かないでいられないくらいの外箱のサイズです。表面 シンプルなパッケージ

裏面 各種機能が書かれています。


丁寧に包装されています

実機登場。

箱から取り出してみるとやはり小さいです。量販店で実機を見ているのですが、やはり家に持ち帰り改めて見てみるとその小ささにビビります。小ささを写真で表現できるとしたら何だろうと考えてみたら、ありました同じ大きさのデバイスが!おなじソニー製のPlay Station Portableです。このPSPよりも少し小さい感じですが、大きさをイメージするにはちょうど良い大きさだと思います。

SRS-XB2の上部は各種ボタンが配置されています。電源、ボリューム、Bluetooth、Extra Bassおよびハンズフリーボタンが整理されています。

裏面には充電用のUSBインターフェースと3.5mmステレオジャックが配置されています。この製品は防水設計となっているのでゴム製のカバーで通常は覆われていますのでそれを外して(めくって)USBによる充電を行います。

本製品にはスピーカー本体と充電用USBケーブルおよびUSB充電器が付属します。
USB充電器は5V / 1.5Aとなっていますね。iPhone、iPadそれぞれの純正充電器のちょうど中間の給電能力を持ったものが分かります。これは7.5Wとなりますが、製品HPの仕様を見てみると、内臓バッテリーに対しての充電には最大9Wとなっているのでこの付属の充電器では無く、iPadに付属する充電器もしくは2Aの能力を持った充電器を使った方が充電時間は短くなると思います。

やはり音質はすこぶる良い

BluetoothによるiPhoneとの接続を行います。スピーカー上部のBluetoothボタンを押し、iPhoneの「設定」 > 「Bluetooth」をタップするとSRS-XB2からのペアリング要求が表示されます。これを承諾するだけで接続は完了です。自宅にてGoogle Play MusicにアップロードしているMP3 320kbpsの音楽を再生しての音質確認です。家電量販店では一度音質は確認していたものの静かな場所でのチェックは初めてとなります。
もう十二分な音質および音量ですね。私が学生の頃はミニコンポが流行していて馬鹿でかいスピーカーでCDを聞いていたのですが、今は手のひらサイズのスピーカーでこれだけの高音質に音楽を聴くことができるなんて夢のようです。
またこの製品はデフォルトでEXTRA BASSがオンとなっており、低音の再現もバッチリです。ただ夜間に音量を下げて聞きたいとか、BGM的に少し存在感を押さえて音楽を流したいという場合にはオフにすることが出来ます。EXTRA BASSのオン・オフは好みだと思いますがオフの状態でも十分に高音質であることは間違いありません。

実は音楽再生のために購入したのでは無い

本製品はBluetoothを搭載しているのでBluetoothを使用してスマートフォント接続し音楽を楽しむことを目的としたものであるのは間違いないのですが、実は私は別の用途として音を鳴らしたいためにこのSRS-XB2を購入したのです。
私の実際の使用環境に関してはまた別途投稿したいと思います。

製品HP
http://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB2/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL