Nintendo 3DS LLから2DS LLへお引越し(後編)

前回はNintendo 2DS LLを購入して液晶保護フィルムを張り付けるところまでお届けしました。

今回は古い3DS LLから新しい2DS LLへお引越しを行う手順を説明したいと思います。

画面が中心となりますので、サクッといきましょう!

まずは受信側(2DS LL)で待ち受け

2DSの初期設定を終わらせ「本体設定」から「その他の設定」、「ソフトとデータの引っ越し」を選択します。

新品な2DSなせいか受信のみ選択可能になるようです。

近くにある送信側のDSの検索を行います。

これで待ち受け設定の完了です。

送信側3DSの設定

受信側と同様、本体設定」から「その他の設定」、「ソフトとデータの引っ越し」を選択します。

3DSではDSからの引っ越しか3DSとの引っ越しかを選択するようです。今回は3DSシリーズ間の引っ越しなので下の「3DSシリーズと引っ越し」を選択

利用規約に同意した後、この3DSからの引っ越しなのか他の3DSからの引っ越しなのかを選択します。今回は他の3DSシリーズへの引っ越しなので上の「この本体からの送信」を選択。

ニンテンドーネットワークへのパスワードを求められます。任天堂のアカウント管理って分り難いのでこの辺りどうにかならんですかね??

ここでやっと送信先(受信側)の端末が見えてきます。送信先の3DSシリーズの名前に間違いが無いことを確認して選択。

これで受信側の設定に戻ります。

受信側でも送信側の3DSの名前に間違いが無いか確認して「はい」を選択します。

引っ越し開始!

引っ越しに伴って一部ソフトウェアの条件によって利用できなくなるソフトやデータがあることを確認して「はい」を押して継続

送信元の3DSはSDカード。受信側の2DSではMicroSDカードであることが注意されます。

実際のデータ転送を行う前に転送方式の選択が出来ます。ダウンロードデータがほとんどない場合には一番上の「通信でぜんぶ移動」を選択すると良いと思います。今回の3DSではダウンロードソフトが多数存在するので一番下の「パソコンを使って移動」を選択しました。

当たり前なのですがパソコンを使っての移動なのでパソコンが必要だよ!と注意がされます。

引っ越し開始です。

パソコンを使っての移動とは言え一部データは直接引っ越しが行われるようです。しばらくこの状態で待機です。

少し見えにくいですが引っ越し作業はピクミンたちが行ってくれています。

送信側の作業終了です。「OK」を選択すると本体が初期化されます。

この段階で級3DSからSDカードを抜いてPCを使って新2DS用にデータを丸ごとコピーします。

今回の場合3DSには32GBのSDカードを用意していたので同等のサイズのMicroSDカードを新規に購入しました。

旧3DSで使用していたSDカードの情報をPCを使って丸っとMicroSDカードにコピーをしたら2DSのMicroSDカードスロットに挿入です。

2DSがSDカードを認識するとすべての作業が終了です。

引っ越し完了後はフォルダー構成も引き継ぎ元通りのようにして使うことが出来ました。

3DSシリーズが牽引してきた携帯用ゲーム機は徐々にSwitchに移行しつつある状態ですがまだまだ3DSも現役な方は今後のために参考になれば幸いです。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL