SIMフリー モバイルルーター NETGEAR AirCard 785

前回はiijmioの海外トラベルSIMを契約するまでをお届けしました。

今回はその続編モバイルルーターの購入に関してお届けしたいと思っています。

海外で使用可能なSIMフリー モバイルルーターは多く存在するのですが今回はNETGEARのAirCard 785を選択しました。

amazonで早速購入です。私が購入時には9780円となっていました。このモバイルルーターの特徴は1.77インチのディスプレイが付いているのと150Mbpsの受信速度を実現することです。とは言えどのモバイルルーターも似たり寄ったりです。皆さんの好みで選択という事になりますかね。

中身の確認

早速開封です。

モバイルルータとバッテリ、充電用USBケーブルとUSB充電器が入っています。

USB充電器をチェック。5V/1Aとなっていますね。できれば2A欲しかったところですがまぁ、この充電器を使うことは無いでしょう。。

背面にiijmioのmicroSIMを挿入した後、バッテリーを着けて電源オンです。

初めてSIMを挿入して電源を入れた場合には再起動が必要なようです。ボタンを押して再起動完了。

本体には2つのボタンがあり一つが電源ボタン、もう一つがナビゲーションボタンとなります。ナビゲーションボタンは液晶面の表示を切り替えるものですね。基本的には使用することはありませんね。

次にAPNの設定を行います。

PCやスマホ、タブレットをこのモバイルルーターに接続して設定を行う必要があります。

wifiで接続するためのSSIDとPSKは背面にも書かれているのですが液晶ディスプレイにも表示されています。defaultのSSIDはNTGR-4915となっています。PSKはそれぞれ異なると思いますので表示されている内容で設定を行います。

と、ここで気になるのはキャリアの表示名と回線種別。キャリアはSoftbankとなっており3G回線が使用されています。このSIMは海外で使用することが前提なのでSoftbankであってもどのキャリアでも問題ないのですが回線が3Gのままとなっていることが気になります。海外でLTEとして使用できるかは実際に海外で使用してみないと分かりません。。

で、いざAPNの設定です。wifi接続時にポップアップでログイン画面が表示されます。もしログイン画面が表示されない場合には
http://192.168.1.1
にアクセスする必要アリです。パスワードはDefaultで”password”。

apnの設定はAPNにiij.dataxs.mobiを設定し「+」をクリックし有効を選択します。

作業は以上で終了です。

テスト通信

日本国内で行う最後の作業はテスト通信です。

モバイルルーターの設定画面をチェックすると回線が切断されていることが分りますので接続をクリックして回線の接続を行います。

これはこのSIMが日本で使うことを想定していないために自動切断されているのだと思います。海外では自動で接続される事を期待するのですが、日本で確認する術はありません。

回線接続後テストサイトへのアクセス確認です。

https://gts.iijmio.jp/gts/

こちらにアクセスし画面が標示されればすべての作業が終了です。

次回は実際に海外で使用してみた感想を記事にしたいと思います。

期待していてください!

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL