LENTION USB-C ハブ

MacBook生活にも徐々に慣れてきて、今やWindowsには戻れないそんな日々を送っております。

このMacBookだけに限らずApple社製品は標準バンドル品だけではことが足りず様々なオプション品を購入するApple地獄へ突入している状況となっています。

MacBookは先の記事の通りスタンドを使ってクラムシェルモードとして使っているのですが、なんせMacBookのインターフェースはUSB-Cのみ。滅茶苦茶不便です。デジカメの写真を取り込むSDカードリーダも無いですし、外部ディスプレイと接続するためのHDMIインターフェースもありません。

家ではクラムシェルで据え置きのように使用するためMacBookをより便利に使用するためUSB-Cのインターフェースを持ったUSBハブを購入することにしました。

Amazonでは様々なUSBハブが売られているのですが今回選択した一品がコレ!

LENTION社の「USB-C DIGITAL AV MULTIPORT ADAPTER」です。

細かな事はともかく、まずは開梱。

かなり高級感のある内装です。カラーもMacBookのスペースグレーと全く違和感の無い同色。ロゴさえなければApple純正品とも思える筐体です。

インターフェースの構成は、HDMI 、USB3.0 x 2、SDカードリーダー、1000BASE-T、USB-Cとなっています。

まずは、MacBookに接続してみます。HDMIインターフェースに外部ディスプレイを接続して使用してみます。我が家の環境は残念ながら4KでもWQHDでも無い普通のFHD対応のディスプレイです。これは全く問題無く使えていますね。

4Kディスプレイを使用される場合には要注意です。このインターフェースを4Kディスプレイで使用する場合は30Hz止まりとなり60Hzの表示は出来ません。

USB3.0、SDカードリーダーは使用感全く問題なし。

1000BASE-T LANインターフェースは少し癖があるようです。サスペンドとなっている状態でこのUSBハブを接続するとMacがこのInterfaceを認識しないようです。LANインターフェースにはアクセスLEDが付いていますのでLEDが点灯していないようでしたらこのUSBハブを抜き差ししてインターフェースを認識させてあげる必要ありです。

また、USB-Cインターフェースを介した充電も癖があります。このUSBハブの先にApple純正の87W充電器を使用しているのですが、充電の状況を見てみると、52Wとなってしまっています。

まぁ、急速充電されていなくても問題は無いのでよしとしましょう。

また、Amazonのレビューにもかなりの数で投稿されていますが、この製品かなりの熱を発生します。手で数秒持つこともできないくらいの熱さです。とは言えこの熱で不安定になることもないのでこれも許容範囲でしょう。

本製品はかなり癖のある仕様となっており、それらを許容できない方にはお勧めできるわけではありません。しかしMacbookを仕事から持ち帰ってスタンドに立てかけ、そしてこのUSBハブを接続するだけでデスクトップ機の様に使えるのは便利です。

皆さんも素敵なMacBook生活を送ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL