iijmioの海外トラベルSIMを契約してみた

携帯電話の契約はこれまでのNTT docomo、KDDI、Softbankの3強の時代から、MVNOによる格安SIMが一般的となってきました。

我が家でも私のiPadと長男のiPhoneがiijmioの契約を。長女のiPhoneはmineoを契約しており、ばかにならない通信費のコストダウンに貢献をしています。

日常の利用でこれらのMVNOを使用するにあたって困ることは一切ないのですが、唯一困るのが海外での利用となります。

一般的なMVNOの回線では海外で通話は引き続き行うことが出来るのですが、データ通信が出来なくなっているのです。

海外で土地勘が無い場合スマホでの検索は生命線となったりするのですが、MVNOだとそれが一切できないんです。

渡航先でプリペイドSIMを購入するのも良いのですが、SIMを変更するということは電話番号も変わってしまうことになるので困りものです。

また、SIMを交換して日本のSIMを抜いた状態で無くさないようにしなくてはならず、これまたリスクがありますよね。

そこで選ばれるのは空港でよく見かけられる海外用モバイルルーターのレンタルとなるのですが、これも決して安いものでは無くまた毎回の手続きも面倒なので大変です。

そこで、考えたのが海外で使用できるSIMフリーなモバイルルーターの購入と日本国内で手続き可能な海外用のSIMの契約です。

iijmioの海外トラベルSIMの申し込み

我が家の標準MVNOキャリははiijmio、またInternet回線もiijmioひかりとなっているので、ここは迷わずiijmioのサービスを利用することとしました。

まずは、iijmioの契約ページにアクセス。

私は既にiijmioの契約があるのですでにUser IDを持っているのですが、初めてiijmioを利用される方はユーザ登録が必要となります。

ユーザログイン(もしくはユーザ登録)が完了後、パッケージの種別を選択します。

今回はこのサイト上でSIMの契約を行うので左の「パッケージをお持ちでない方」を選択します。

次に(いきなり感がありますが)SIMの配送日時の選択です。私は最短日時での配送を選択。私の場合は3日程度でSIMは配達されました。

幾つかの確認事項にチェックを入れます。

後はSIMが届くのを待つのみです。

SIM到着!

待つこと数日、SIMが到着しました。

まずは開封です。

使用開始までの手順書とSIMが入っています。

このSIMカードは標準SIM、microSIM、nanoSIMをそれぞれ切り取って使用可能となっていますのでご使用のデバイスに合わせて使うことが出来ます。しかしこの切り抜きが結構緩く間違って小さいサイズで切り取ってしまうと別途アダプタを使用することとなるので、作業は慎重に行う必要アリです。

SIMは届いてもそれを使用するデバイスが無いと全く意味がありません。

次回は海外で使用可能なモバイルルーターに関して記事にしたいと思っています。

では、次回をお楽しみに!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL