Google Play Musicへの移行 3日目の状況

前回前々回とiTunesからGoogle Play Musicへの移行の記事を投稿しましたが今日はその第三弾です。

この記事を書いている2017年1月30日現在で約90タイトルのアルバム、1500曲のアップロードを完了しました。自宅にはまだまだ古いCDが眠っておりそのMP3 320kbps化およびアップロードの日々はしばらく続きそうです。

前回までのおさらい

iTunes Match及びApple Musicからの脱却を狙いGoogle Play Musicへの移行を決断しました。手元にあるCDをMP3 320kbps VBRでリッピングを行いWindows10用の”Music Manager”をインストールしてPC上のMP3ファイルとクラウド間の同期を行ったところスマートフォン上のGoogle Play Music上で同一アルバムタイトルが重複して見えるという事象が発覚し何故重複してしまうのか調査を開始しました。詳細は前回の記事を参照してください。
試行錯誤の結果下記の手順を行うことによってアルバムの重複が発生することなくアルバムの管理を行えることが可能となりました。

1. Music Managerを使用せず、Chromeを介してファイルのアップロードを行う。
2.リッピングしたMP3ファイルのタグ情報をアップロード前に綺麗にする。
3.MP3アップロード後はクラウド上で情報を変更しない。

上記3点を行うのみです。

西内まりやさん乗っ取り問題が発覚

我が家ではiPhone x 3台、iPod Touch x 1台、iPad x 1台の計5台のiOSデバイスでこのGoogle Play Musicアカウントを共有しているのですが、iPadでのみアルバムタイトル重複問題が再発していることが発覚しました。
先日の記事の通り、竹内まりやさんのアルバムが2つ表示されることが分かりそのアルバムのアーティスト写真が西内まりやさんの物に置換わっているという件です。


竹内まりやさんの同一アルバムが2枚見える。

若かりし竹内まりやさんでは無く、西内まりやさんの写真が自動で関連付けされてしまう。

「竹内まりや」さんと「西内まりや」さんは一文字違いのお名前なのですが、何故かGoogleは大御所である「竹内まりや」さんを理解できず、似た名前の「西内まりや」さんを自動で判断し顔写真をマッピングしてしまっているようです。
アルバムの重複が発生していないiPhoneはどうなっているのかと見てみるとこちらは100%西内まりやさんと勘違いをしており、堂々と顔写真が西内まりやさんとなっていました。。。

名前の似たアーティスト名がダメなのか?

西内まりやさん問題が発覚した後もリッピング&アップロード作業を続けたところ重複問題第二段が発生しました。そのアーティスト名は「吉川晃司」さんです。

アルバムの中を見てみると、

 

こちらは「吉川友」さんというアイドルの方の写真が見えております。吉川友さんのファンの方には申し訳ないのですがこの方を存じ上げておりませんでした。世間的な知名度としても財前部長こと「吉川晃司」さんの方が上ですよね。。。Google的には知名度ではなく何らかのロジックでアーティスト写真の関連付けを行っているのでしょうが、一部タイトルでは上手くいかず違うものとして扱われてしまっているようです。

誰やねん!

一文字違いの「西内まりや」さん、同じ苗字の「吉川友」さんはまぁ、百歩譲って仕方ないとしても、とても理解出来ないパターンも発生です。
BOOWYのギタリストで現在はソロとしても大活躍の「布袋寅泰」さんです。苗字を取っても、名前を取っても似たようなアーティストは存在しないと思っていたのですが、これまたアルバムが2つに自然増殖しておりました。
それがこれです!!

謎の黒人の方の写真だったりします。。もう誰やねん!!って感じです。写真にある「NOT ON IT」を検索してみてもこれといった物に該当せずでなぜこの方と間違っているのかが全く分からずです。

今後もアルバム重複問題を追求していきます。

なぜ5台のiOSデバイスでiPadのみ重複問題が発生するのか?似たアーティスト名で間違って関連付けされるのか?は継続して調査して行こうと思っています。
とは言ってもメインで使用しているiPhone6Sではこの事象は発生していないのでGoogle Play Musicでの楽しい音楽生活を今後は送れそうです。
一日も早く自宅のCDの再リッピングを完了しなくては!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL