Apple Watch Series3購入記念!液晶保護フィルムレビュー前編

やっぱ、新製品はいいですね。私は以前から活動量計としてFitbit Chargeを使っていたのですが、1年のうちに3度も故障となってしまいApple Watchへと乗り換えることとしました。

過去のレビューの通りFitbit社のサポートの対応はとてもよく、またFitbitのアプリの完成度も高かったため継続してFitbit製品を使っていこうと思っていたのですが見事3度目の故障とApple Watchの予約開始日が同じとなるとこれはApple Watchに乗り換えろという神様からの指示と受け止め速攻でポチっとしてしまったのです。

Apple Watch到着

9月22日に商品到着!平日という事もありもちろん私は仕事で自宅には不在。嫁さんも終日家にいなかったため実際の受け取りは当日の夜となってしまいました。

外箱は相変わらずな感じ。Series3の文字がなければ初代から何ら変わっていないように見えます。

ジャーン!!出てきました。私が購入したのは42mm(大きいほうね)のスペースグレイ、ブラックスポーツバンドとなります。前にも少し触れましたが私は初代を所有(会社からご褒美として貰った物)しており、それと全く同じカラーを選択。ポチった後に気が付き後悔したのですが、せめてバンドは違う色を選択しておけば気分によってバンドを交換できたのでそうしておけば良かったかなと思っております。。

また、初代には外箱の中に内箱がありその中にApple Watchが入っていたのですがSeries3はシンプルな物となっていますね。Series2は持ち合わせていませんのでどうだったかは知りません。

付属品は充電ケーブルとUSB充電器となります。初代の充電ケーブルは無駄に長く2m程度あったのですが、Series3に付属するのは1mのタイプ。この長さで十分です。

一点、言い忘れましたが今回購入したのはLTE無しモデル。実は私はプライベートのiPhoneは持っておらず会社から支給されているものを使用しているのでApple WatchのLTEと契約を紐づけることが出来ないので今回は諦めることとしました。

また、昨今はMVNOによる格安SIMでiPhoneを使われている方も多いと思いますが、そういった方もWatchのLTEモデルは2017年9月現在では対応しているキャリアは存在しないようです。WatchのLTEモデルがどうしても欲しいという場合にはdocomo、au、SoftBankの3台キャリアでiPhoneを使う必要があるので要注意です。

では早速Apple Watchのレビューと行きたいところですがLTE無しのモデルは正直これまでのSeries2と全く変わらないので割愛とさせていただきます。

個人的には念願のidやsuicaをWatchに登録を行い意味もなく自販機まで行ってジュースを買えたのでまずは満足モードです。

液晶が傷つくのが怖いので保護ガラス購入!

実は初代のApple Watchですが私の不注意で液晶面に傷(ひび?)が入ってしまっていたのです。ググってみても、AppleWatchのIon-Xガラスはよほどのことが無い限り傷はつかないとあるのですが、一方ですぐに割れるというもありやはり保護をしておくに越したことはありません。

そこで購入したのがこれ。

Klearlookのガラスフィルムです。Amazonでの評価はジャスト4.0。

せっかくなのでフィルムタイプではなく流行のガラスタイプにしてみたのですがWatchでも上手く張り付けることが出来るのでしょうか。

貼り付けに関しては真剣勝負なので作業に関しては割愛。で、どうなったかというと。

これはだめです。中心部しか張り付いておらず周りが完全に浮いた状態になってしまいます。

一度剥がして張り直してみても全く同じとなってしまいます。

Apple WatchはiPhone等とは違い液晶面がまっ平では無く少し湾曲しているのでしょう。また、Watchを操作する際には液晶面をフルに使用するのでたかが厚さが0.2mmとってもガラスフィルムの厚みが操作上気になってしまいあまりいい感じでは無かったです。

というわけで張り付けて翌日にはゴミ箱行きとなってしまいました。

そもそもApple Watchとガラスフィルムの相性が悪いのであろうと判断し、旧来からのフィルムタイムを再購入することとなるのでした。。

つづく。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL