スマホをワイヤレス充電 Anker PowerPort Qi10

私はこれまではiPhoneはLightingケーブル接続による充電を行ってきました。私は性格的にスマホの充電はできる限り100%にしておきたいタイプなので、オフィスにおいても自宅に帰っても常に充電ケーブルを挿した状態で置いてあるといった感じとなっていました。

自宅では基本的にiPhoneを操作することはないので帰宅とともに充電を行い、翌朝会社へ出社する際にケーブルを抜いて家を出るので実害はあまりないのですがiPhoneを操作するたびにケーブルを一々抜くといった動作が面倒に思おうこともありiPhone8からサポートされているQiによるワイヤレス充電を試してみようと思い立ちました。

安定のAnker PowerPort Qi10

さっそくAmazonで物色を開始です。Qiに対応した充電器は各社が取り揃えています。それほど高価な製品はないのですが、ここは我が家では安定度抜群のAnker社製品を選択することとなりました。

購入した製品はPowerPort Qi10です。製品名の通りQiによるワイヤレス充電が可能で10Wの高速充電が可能となっています。10Wの充電を行うためにはQuick Chargeに対応したUSB充電器が必要となります。我が家ではQuick Charge3.0に対応したPowerPort Speed5があるのでそれのQCに対応したUSBポートにこのPowerPortを接続して使用することとしました。

早速開封

Amazonから早速納品され開封です。

外箱はAnkerのいつも感じで、なんら代わり映えはありません。

中身もいたってシンプルです。Qi充電器本体とUSBケーブルのみ。

USBケーブルは充電器側はType-Aの形状となっており、本体側はMicro USBとなっている一般的なUSBケーブルとなります。

充電器本体はちょっと小さいかも?

本製品少し気になるのは充電器本体の大きさです。

私のiPhone8 Plusと並べてみました。

iPhone8 Plusと並べてみると少し充電器本体が小さく感じます。

あとはiPhoneを乗せるだけです。乗せたタイミングで軽くブルッとバイブレーションが発生し見事(普通に)充電が行われます。後は満充電になるまでほっておくだけです。

また、ワイヤレス充電器で一番気になるのは本当に充電されているのかというところだと思います。この製品は充電開始時に数秒だけLEDが点灯するようになっておりスマホ側のじゅうでんを確認することなく充電器本体のLEDでも確認することが可能になっています。

しかし、やはりこの製品はiPhone8 Plusに対して少し小さい感じがします。iPhoneの中心部を充電器の真ん中に乗せないと充電が行わないこともありえるので注意が必要です。

買ってから気づいたこと!

iPhoneを乗せるだけで充電が完了するこの手軽さは抜群です。充電開始時にちゃんとじゅうでんが行われているか確認するだけで翌朝には100%となっておりなんら問題はありません。

しかし、本製品を購入してから気づいたことが一点。この製品は10Wによる高速充電が可能となるのですが、それは10Wの充電に対応したスマホを持っている場合のみです。iPhoneは10W充電には対応しておらず、5Wによる充電になるということ。

iPhoneは最大7.5Wとなっていますので5Wの充電では気になるという方は7.5Wに対応した充電器を購入することをお勧めします。

とはいえ、5Wでも実運用上なんら問題なしです。iPhoneをこよなく愛する方々の大本命はAppleが直々に発売するAirPowerが大本命ということになるので、AirPowerが本当に販売されるかどうかはともかく安価に購入できるQi製品としては良い製品だと思いますので皆さんもワイヤレス充電生活を試してみてはいかがでしょうか?

製品HP
https://www.ankerjapan.com/category/CHARGER/A2513.html

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL