Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

念願のMacBook生活が始まって一週間。覚悟はしていたのですがこのMacBook Pro 15インチを日常的に持ち歩くのはかなりの負担となってきました。

MAcBook本体だけで1.8kgもありこれまでのLenovo X1と比べても500g程度重くなっています。また本体だけでなく充電器も一緒に持ち運ぶとなるとAppleの87W充電器は何と(!)300gとなり合計で2kg越えとなってしまいます。

さらには仕事で客先等で使用するにはVGAアダプタやHDMIアダプタが必要となってきます。

本体の重量削減という訳にはいかないので極力必要の無いものは削減しようと考えたのです。まず真っ先に思いつくのはヘビー級の充電器の持ち運びを止めることです。これだけで300g以上の削減です。

早速ビックカメラでApple純正の87W充電器を購入です。これで充電器は2つとなったのでオフィスと自宅とに配置することとしました。

あと必要になるのはUSB-Cケーブルです。ケーブル自身は大した重量では無いので持ち歩いても良いかなとも思ったのですが、何か良いものないかなとAmazonを物色することとしました。

やはり安定のAnkerの製品

色々と物色するも結局たどり着いたのはAnkerの一品でした。

早速Amazonでポチり!で、商品到着です。

ただのUSB-Cケーブルにしては立派な箱です。

早速開封!

素晴らしい!立派なポーチにケーブルが入っています。もちろん購入時にこの存在は知っていましたが。。

ポーチ内はベルクロ(マジックテープですね。)で止められています。持ち運びを想定せずに購入したこの商品ですが、これなら持ち運びたくなってしまいますね。。

ケーブルの端子部にはAnkerのロゴが書かれています。

色はブラック、グレー、レッドの3色あるのですが、今回は何となくレッドを選択。

長さは0.9と1.8mの2択で1.8m。仕事の場では手元にコンセントが無いことが多く0.9mでは心許ないと思い長い方を選びました。

この商品の最大の特徴はケーブルを覆っている素材です。Apple純正のUSB-Cケーブルは耐久性に弱く折り曲げに弱いのですが、このケーブルはナイロンを編み込んだ素材でできています。多少ラフに扱っても大丈夫そうです。

早速、充電を開始!

購入した充電器とこのケーブルを使って充電開始です。

ん?何かおかしいです。MacBookが充電され無いんです。。。

充電マークはついているものの見る見るうちにバッテリー残量が減ってくるんです。システムレポートを見るとなんと12Wしか充電されてい無いんです。。。

説明が遅くなりましたがこのケーブルは見た目(コネクター)はUSB-Cケーブルなのですが、規格としてはUSB 2.0に対応したものなのです。

この事は購入時に把握はしていました。USB2.0のケーブルとなっていますので、87W充電器による高速充電には対応していないのです。しかし、実際に充電されているのは12W。。。

MacBookの消費電力より給電量が少ないので結果的にバッテリー残量が減ってるんですよね。

Ankerの製品サポートへ連絡。製品不良という事で数日後に再度良品が届けられる事となったんです。

良品到着後、再度充電状況を確認です。バッチリ充電されていますね。やはり87Wの充電はできてい無いものの日常の使用には十分に耐えられる給電能力ですね。

初期不良というトラブルには見舞われたものの、そう言った事は付き物なので気にし無いとして現状購入できるUSB-Cケーブルとしては完璧な商品でした。高耐久で少しおしゃれなUSB-Cケーブルの購入を考えている方はこのAnkerのUSB-Cケーブルを試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL